選挙の疑問

選挙ポスターの並び順はどのように決めるの?これも法律で決まってる!

ポスター掲示場の絵

10数年前に近所の方が地元の市会議員に立候補しました。

選挙は自分とは関係のない世界と思っていましたが、この頃から急に選挙制度自体に興味が出てきました。

立候補された人とは、家が近所でもあり普段道で出会ったときは挨拶をしていた方で人格的にも良い人なので応援しようと思いました。

それまでの選挙では選挙ポスターもいい加減に見ていたし、選挙公報も眺めているだけでした。
流石に知っている人が出馬をして自分が応援をしようと思うと、その人の選挙ポスターや選挙公報の記事はしっかりと読むようになりました

そのときに思ったのは、

  • 選挙ポスターの順番はどのようにして決めるの?
  • 選挙公報の掲載順はどのようにして決めるの?
  • 投票所の記載台に載っている名前の順番はどうやって決めるの?

という疑問でした。

そうです、一人の候補者に意識していて初めてわかったのですが、すべて順番が違うことを発見したのです。

最初は選挙ポスターの貼っている順番に疑問が出ました。
こんなの下の方に張り出されたら目立たないので不利だろうな~と思いました。
どうせなら目立つ場所に貼りたいはずなのに不公平だと感じました。

よく喧嘩にならないものだな~。

そもそも選挙ポスターの順番はどのようにして決めるのか疑問でした。
市会議員選挙が終わってから立候補した近所の人に教えていただきました。

ポスター掲示場の選挙ポスターは立候補の届出書類を受理された順番

選挙ポスターを掲示場に貼り出す順番は、立候補の届出書類を受理された順番とのことでした。
誰でも最初が目立って良いので、好きなゲームや新発売の携帯電話を買うときと同じように徹夜で並ぶのかと思いましたが、そうではありませんでした。

立候補の届出書類は、選挙の告示日の午前8時30分~午後5時まで受け付けるようです。
記載内容に不備がなければ受け付けられるので、不備があれば後回しにされるようです。

午前8時30分までに選挙管理委員会に行った候補者は、番号札のようなものを渡され時間が来るまで待機するそうです。
午前8時30分になると番号札順にくじ引きを行い届出書類を提出する2回目のくじの順番をきめて、その順番通りに再度くじ引きをして届出順序が決まるそうです。

何度もくじ引きをして大変ですね!
これも選挙を公平を執行するためですかね。

立候補の届出書類が受理されてから選挙運動を行うことができるので、選挙ポスター掲示場でも先に張り出せます。

また、数分の差かもしれませんが選挙運動も早く開始できるので早く受理される方が有利なようですね。



選挙公報の掲載順や記載台に載っている名前の順番はくじ引きで決める!

選挙公報の掲載順は、告示日の午後5時に候補者の受付を終えたあと、選挙管理委員会でくじ引きを行い決定するそうです。

記載台に載っている名前の順番も選挙公報の掲載順と同じように、候補者の受付を終えたあと、選挙管理委員会で選挙公報とは別のくじ引きを行い決定するそうです。

ポスター掲示場は立候補の届出順、選挙公報の掲載と記載台に載っている名前の順番は、それぞれ別のくじ引きで決定。

なので、これらの3つの順番が別々になるそうです。
選挙って公平にするため細かなことまで法律で決められているのですね。

先程、選挙公報の掲載順番が、告示日の午後5時に決まると書きました。

そこで順番が決まってから印刷し、その後各ご家庭に配布をするので選挙公報が有権者の手元に届くのが選挙日の数日前になってしまうことがあります。

選挙が始まっているのに選挙公報が届かずにイライラすることしたこともありましたが、選挙の仕組みを知るとどうしようもないことのように思いますね。

告示日の翌日から期日前投票が始まりますが、この時点では有権者の手元に選挙公報が届いていないので、候補者を選ぶ情報が不足することになりますね。

選挙公報の候補者の考えを見てから投票するのであれば、投票する時期を考えたほうが良いかもしれませんね。

また、多くの選挙管理委員会はホームページで選挙公報を公開しています。

手元に届くより早く見れるので、こちらを活用するのも良いと思います。



選挙ポスターの並び順はどのように決めるの?まとめ

選挙は公平性を保つため細かな決め事が公職選挙法で決められています。

選挙の違いによっては、ルールも変わりますので、興味のある人は参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。