アナウンサー

夫婦別姓によるデメリットは?子供の姓はどうなる?

夫婦別姓のイメージ

結婚後に夫婦同姓しか認めないのは先進国では日本だけです。

国連からも女性蔑視に当たるとして過去から改正を求められています。

夫婦別姓について、正式名称は『選択的夫婦別氏制度』と呼びます。

選択的夫婦別べつ氏うじ制度とは,夫婦が望む場合には,結婚後も夫婦がそれぞれ結婚前の氏を称することを認める制度です。なお,この制度は,一般に「選択的夫婦別姓制度」と呼ばれることがありますが,民法等の法律では,「姓」や「名字」のことを「氏うじ」と呼んでいることから,法務省では「選択的夫婦別氏制度」と呼んでいます。
現在の民法のもとでは,結婚に際して,男性又は女性のいずれか一方が,必ず氏を改めなければなりません。そして,現実には,男性の氏を選び,女性が氏を改める例が圧倒的多数です。ところが,女性の社会進出等に伴い,改氏による社会的な不便・不利益を指摘されてきたことなどを背景に,選択的夫婦別氏制度の導入を求める意見があります。
法務省としては,選択的夫婦別氏制度の導入は,婚姻制度や家族の在り方と関係する重要な問題ですので,国民の理解のもとに進められるべきものと考えています。

引用:法務省:選択的夫婦別氏制度(いわゆる選択的夫婦別姓制度)について

法務省では平成3年から夫婦別姓について検討しています。

夫婦別姓!日本の意見は?

夫婦別姓反対意見

夫婦別姓賛成意見

日本の中でも夫婦別姓については賛否両論があります。

反対意見では家族の絆を危惧されているように思われます。

賛成意見では同姓・別姓を選択することで問題がないと考えているようです。



夫婦別姓によるデメリットは?

反対意見にもありますが、家族で姓が違うと第3者が見た場合に夫婦関係や親子関係が分からなくなることが考えられます。

しかし結婚後も仕事を続けられる主婦が増えている現在では別姓のほうが良いことも多いと思います。

まず、結婚で姓が変わると口座の変更手続きや免許書やパスポートの変更も考えられます。
多くの場合は、これらの手続きに多く時の時間を要し、大変な労力が必要です。

個人的には、結婚時に同姓か別姓を選択できるのが良いように思います。



夫婦別姓!世界的にはどう?

それでは世界では、結婚後は別姓かと言うとそうではありません。

韓国のように別姓しか認めない国もありますが、どちらかと言うと同姓または別姓をを選択する国が多いです。

日本もこの同姓か別姓を選択できるようにするかどうかを検討しているようです。

また、世界には夫と妻の旧姓を結合する結合型のような姓を認めている国もあります。
例えば、山田さんと鈴木さんが結婚をすると姓が山田鈴木さんになるわけですね。



夫婦別姓によって子供の姓はどうなる?

『選択的夫婦別氏制度』によって夫婦間にできた子供の名前はどうなるのでしょうか?

現在の法律では、結婚時に夫か妻かのどちらかの姓を選択することになるようです。

兄弟の姓は同じになりますが、片方の親とは姓が異なることになるようです。



夫婦別姓によるデメリットは?子供の姓はどうなる?まとめ

夫婦別姓についてまとめてみました。

世界の先進国では夫婦同姓か夫婦別姓を選択できる国が大半のようです。

夫婦別姓を反対される方は家族の絆が壊れることを危惧されているようです。

どちらかと言うと夫婦同姓か夫婦別姓を選択できるのが良いように思います。

最後までお読みいただいてありがとうございました。